スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデル制作日誌.5

 遠出してまでの用事も片付いて、残したままとなっている課題を進めて行きたいと思います。
体形正面図-01
 『テスト動画』に使用した、このキャラクター2名のモデルを大きく改善するために様々な思案を練っていました。

 DoGAソフト単体で作成したわけではないとはいえ、この段階へと踏み込んだ当時の昨年10月には、コレ以上のものが出来るとは考えられなかったのですが、実際に『テスト動画』で動かしていく上で判明した様々な改修点や、ソレに伴ってグレードアップさせたい欲求が強く高まりました。

 とはいえ、何をどうすれば良くなるのか?を思案しないことには、進められるわけが無い。ソレすら練らずに勢いだけで突っ走るのはリスクしか齎さないでしょう。

 だからこそ、あの『テスト動画』でソレを実証させたかったわけですから、理論だけであ~だこ~だと一喜一憂したって何も始まらない。
01_蒼月
02_不知火 霞
 そのための設計図としても、コレを作成していたわけですからね。

 久々に書き起こしたこともあって、色々と手直しすることに時間を費やすこととなりましたが、ようやく全体図と、表情のパターンも含めた設定画が出来ました。

 同時に、モデリングするときに決めてあることを述べますと……

1.キャラクター全ての衣装が、どれもコレも似たり寄ったり
2.建物などの背景と比べて、全体的にすっきりし過ぎている
3.髪がなびかない

 この3点が、今回の課題として設けた改良すべき点であります。
衣装においても、結局は長袖・ジーパンの2種しか見受けられないため、ソレこそ女性ならばもっと服装に気を遣ってやるべきだと考えました。

 コレからも制作していくキャラクターモデルたちのことを考えれば、各種・CGソフトの技術面だけではなく、自身における深い表現力を極めることも考慮していかないと……同じことの繰り返しです。

 実際に、表情変化させていく機構を設ける上でバリエーションを新たに増大させる必要も出てまいりました。『モデル制作日誌.3』の文末で述べた“理由”というのがコレです。

 どんな表情にするのかもろくすっぽ決めないで、どうやって“喜怒哀楽”表現しろと?

 『テスト動画』で、ようやく表情変化のアクションを付けられるようになったのに、そのバリエーションが乏しいのも、最初に想定した種類だけでやっていたに過ぎなかったからです。

 表情変化だけじゃなく、他にも様々な箇所で生じた改良すべき点を見い出すことになったものが多々ありますけど、最初に申しておきます……“使わなかった”のではなくて“使えなかった”のです。当初は。

 だからこそ、コレから“使えるようにしていく”ための行動であることを申し上げておきます。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【モデル制作日誌.5】

 遠出してまでの用事も片付いて、残したままとなっている課題を進めて行きたいと思います。 『テスト動画』に使用した、このキャラクター2名のモデルを大きく改善するために様々...

コメント

非公開コメント

TweetsWind
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
にほんブログ村
プロフィール

Yoshi坊

Author:Yoshi坊
『CG制作日誌』へようこそ。

 DoGAを駆使して制作するCGアニメの制作過程も含め、様々な出来事をココで綴っていきます。


好きなもの
 夢や理想を形作ること
 一緒にいて面白く、楽しい人(2次元キャラも含む)
 自主制作アニメ・映画

嫌いなもの
 夢や理想を潰されること
 邦画・洋画の大半
 露骨な金儲け主義
 道理の無い暴力

制作日誌訪問者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
その他
Twitterや、その他のブログパーツを展示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。